駅チカ!短時間!わがまま主婦パートナビ

主婦のパートは収入額をコントロールすることが大切!

Topics 記事一覧

パート収入がある主婦の税金って?

消費税の増税や物価の上昇などで悲鳴をあげている家庭も多いことと思います。アベノミクスはまだ中小企業が恩恵を受けるまでには至らず、夫の給与が上がるわけでもないのに、出費ばかりがかさむ一方です。そんな中、やはり一番に考えるのはパートやアルバイトをして少しでも家計の足しにしたいということではないでしょうか。少額を稼ぐのであれば、問題はありませんが、主婦が稼ぎすぎてしまうと税金面で損をすることもありますので注意しましょう。


パート主婦の所得税

パートやアルバイトなど、どんな方法でも所得を得た場合、所得税を納付しなければなりません。しかし、所得税には「給与所得控除」と「基礎控除」というものがあります。これらの「控除」とは、収入の金額から所得税の対象としなくてもよい一定の金額をいいます。今現在の給与所得控除は65万円、基礎控除は、38万円となっていますので、1年間の収入が103万円以内であれば1円も所得税を納付しなくてすみます。これが、よく耳にする「103万円の壁」と言われる所以です。これからパートをしようとしている人は、103万円以内に収まるよう勤務時間などの調整をしましょう。

自分の税金だけじゃない、落とし穴

前述のとおり、103万円以内であれば、働いた本人に対する所得税は0円になります。たとえ、1万円オーバーして、104万円になったとしても納める税金額は微々たるものです。それが独り身であれば何の問題もありませんが、主婦となれば違います。夫の所得(手取り)に影響がでるからです。夫がサラリーマンであれば、所得税の計算に「配偶者控除」という税金の対象外となる金額が設定されています。通常、38万円が控除されますが、主婦のパート代が103万円を超えてしまうとこの「配偶者控除」がなくなってしまいます。簡単にいうと、旦那さんは、38万円分を余計に納税しなければならなくなります(夫の所得が一定の要件を満たせば、パート収入が141万円まで配偶者控除を受けることができます)。このため、主婦がパートをする場合は、世帯所得として最終的に手にする全てのお給料を計算することが大切です。

まだある落とし穴、住民税

「103万円の壁」は、有名な話ですし、パートを使うことが多い企業であれば、事前に教えてくれるためそれほど心配は無いかと思います。しかし、パート主婦に関係する税金は、所得税だけではないのです。それは、「住民税」です。住民税は、住んでいる市町村によって金額が変わりますが、課税される所得額にも差があります。ほとんどの市町村では、93万円又は、100万円以上の所得を得たときに住民税が課税されるようになっているので、一度、役所に問合せてみるとよいでしょう。

パート収入がある主婦の税金って?

注目記事

時間の融通が利く?コンビニのパート時間の融通が利く?コンビニのパート自宅近くにあるコンビニで働ければ通勤も楽で、便利です。次々に発売される新作スイーツなどに目を奪われてつい買いすぎてしまわないように気をつけましょうね。

同世代が多い?ファミレスのパート同世代が多い?ファミレスのパート若い学生さんに混ざって仕事をするのは気後れするという主婦の方や、同世代の主婦仲間、ママ友がほしいという主婦の方におすすめなのがファミレスのパートです。

低収入のパート主婦がお得?低収入のパート主婦がお得?主婦のパート収入は130万円~150万円がもっとも危険(損)なゾーンです。130万円以上稼ぐ場合は160万円以上を目指してください。

主婦のパートの選びは大変主婦のパートの選びは大変時給が高くて、シフトの融通が利いて、勤務地が近くて、やりたい仕事ができて……と、すべての希望を叶えようとすると、いつまでもパートを見つけられなくなってしまいます。

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないためにパートの主婦が損をしないためには、配偶者控除の廃止と同時に160万円以上稼げるような計画を今のうちから練っておくことも大切です。

主婦もパートから正社員というキャリアプランを主婦もパートから正社員というキャリアプランを家事と仕事の両立は自信がないから、働くとしても正社員は無理かなと思っている主婦の方も多いかもしれませんが、せっかく働くのなら長い目でライフプランを考えて働くことをおすすめします。