駅チカ!短時間!わがまま主婦パートナビ

パート主婦は要チェック!配偶者控除の廃止

Topics 記事一覧

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために

「配偶者控除」は、年収103万円以内の配偶者がいる家庭において、所得税を減額するという制度です。典型的には、専業主婦やパート主婦の家庭において、夫の所得税が減税されています。配偶者控除は、主婦を優遇する政策ですが、昨今の女性の社会進出を背景に、働く女性との不公平感も出てきていることから、現在、廃止が検討されています。配偶者控除が廃止されると、妻の年収にかかわらず夫の所得税が一定となるため、専業主婦やパート主婦の世帯にとっては増税となります。そうなった場合の対処法を、今のうちから考えましょう。以下、今フルタイムで働くことが難しい主婦の方が、配偶者控除の制度を最大限利用し、配偶者控除制度の廃止と同時に収入増加を狙うパターンについて解説します。


仕事探しと働く環境づくり

そもそも、配偶者控除が実際にいつ廃止されるのかについての具体案は、まだ発表されていません。そこで、配偶者控除の特権を生かせる今のうちに、仕事を探して、働く環境を整えておきましょう。職探しについては、長期的な視点を持って臨むことが大切です。家庭とバランスを保ちながら、できれば賃料の向上も将来的に期待できる職場を選びたいものです。また、働くための環境づくりも大切です。今まで妻が専業主婦だった家庭において、妻が突然フルタイムで働き始めるというのは、想像以上に波乱を巻き起こすものであり、家族の理解と協力が不可欠です。小さなお子さんがいらっしゃる家庭の場合は、さらに育児も考える必要があります。待機児童の問題が社会問題化していることからも明らかなとおり、保育園もすぐに見つかるとは限らないからです。場合によっては実家のサポートをお願いすることも検討しましょう。

スキルとキャリアの向上

配偶者控除が利用できる今の期間は、目の前の仕事に頑張りすぎて疲れないように気をつけつつ、自らのスキルとキャリアを高めることにエネルギーを振り分けましょう。今は、社会に羽ばたく前の準備期間と考えれば良いのです。目の前の収入をアップすることも大切ですが、それよりも、長期的に見てキャリアを積み重ねるという視点を持ち、自己投資に励みましょう。環境の変化に負けず、長く働くことのできるスキルを身につけ、自らの時給単価を上げるという意気込みが大切です。例えば、仕事に役立つ資格を取得したり、勉強を続けると良いでしょう。

年収160万円以上を目指しましょう

実際に配偶者控除が廃止される段階に到達したら、年収を上げましょう。年収160万円以上を目安にすると良いです。年収130万円を超えると、夫の扶養を外れるので、自分自身で厚生年金や健康保険に加入しなければならず、保険料の支払という負担が生じます。しかし、一般的には、年収が160万円を超えると、その負担分を超えて手取りが増えていきます。したがって、年収160万円を目指しましょう。勉強したりスキルを身につけ、更に収入を増やして生きましょう。

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために

注目記事

時間の融通が利く?コンビニのパート時間の融通が利く?コンビニのパート自宅近くにあるコンビニで働ければ通勤も楽で、便利です。次々に発売される新作スイーツなどに目を奪われてつい買いすぎてしまわないように気をつけましょうね。

同世代が多い?ファミレスのパート同世代が多い?ファミレスのパート若い学生さんに混ざって仕事をするのは気後れするという主婦の方や、同世代の主婦仲間、ママ友がほしいという主婦の方におすすめなのがファミレスのパートです。

低収入のパート主婦がお得?低収入のパート主婦がお得?主婦のパート収入は130万円~150万円がもっとも危険(損)なゾーンです。130万円以上稼ぐ場合は160万円以上を目指してください。

主婦のパートの選びは大変主婦のパートの選びは大変時給が高くて、シフトの融通が利いて、勤務地が近くて、やりたい仕事ができて……と、すべての希望を叶えようとすると、いつまでもパートを見つけられなくなってしまいます。

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないためにパートの主婦が損をしないためには、配偶者控除の廃止と同時に160万円以上稼げるような計画を今のうちから練っておくことも大切です。

主婦もパートから正社員というキャリアプランを主婦もパートから正社員というキャリアプランを家事と仕事の両立は自信がないから、働くとしても正社員は無理かなと思っている主婦の方も多いかもしれませんが、せっかく働くのなら長い目でライフプランを考えて働くことをおすすめします。