駅チカ!短時間!わがまま主婦パートナビ

主婦がパートをするなら絶対知っておきたいお金の話

Topics 記事一覧

パートで働く主婦の損得勘定

これからパートで働こうと考えている主婦が、どれくらいの収入を目指して働くかというときに考えておきたいのが、所得税、住民税、配偶者控除との関係です。所得税は年間103万円の収入を超えると課税されます。これは所得税がパートの給与から給与所得控除65万円と基礎控除38万円を引いた額にかかるためです。次に住民税ですが、所得に応じて課税される所得割と、所得に関係なくみんなに均等に課税する均等割という制度があり、こちらは自治体により課税されるようになる収入額が違います。場所によっては93万円以下ということもありますので注意してくださいね。さらに妻の年収が103万円を超えた場合、夫が配偶者控除38万円を受けられなくなってしまいます。ただしこの配偶者控除は将来的に廃止される可能性がありますので、その場合のことも考えておきましょう。配偶者控除が廃止されるまでは年収103万円まで、廃止されてから増える負担分を超えて世帯収入が増加する年収160万円を目標に働くと良さそうですね。

主婦がパートで働く場合は、税金について考えておく必要があります。パートで稼いだ年間の収入が103万円を超えると、所得税がかかるばかりか、旦那さんが配偶者控除を受けられなくなるため、世帯としての収入が減ってしまいます。また、住民税は所得割と均等割という制度があり、住んでいる地域によって課税される収入額は変わります。場所によっては93万円以下の収入で課税される場合もありますので注意が必要です。さらに奥さんの年間の収入が130万円を超えると、旦那さんの社会保険の扶養家族から外れてしまうため、奥さん自身に別途保険料が必要となることも覚えておきましょう。パート収入がある主婦の税金って?の詳細を見る

専業主婦が加入するのは国民年金で、夫が会社員の場合、加入手続きは夫の会社で行ってくれる上、夫が厚生年金保険料を収めているため、妻の負担は0円で済みます。パートで働く主婦の場合、働き方により加入する年金は異なります。もし勤める会社の正社員と比較して4分の3以上の労働時間がある場合、正社員と同様に厚生年金に加入し、8%の保険料を負担することになります。しかし年収130万円未満で、さらに週30時間未満の労働時間で働く主婦の場合は、専業主婦と同様に夫が会社員ならば妻の保険料負担はありません。低収入のパート主婦がお得?の詳細を見る

配偶者控除は将来的に廃止される可能性がありますが、そうなった場合、パートで働く主婦は年間103万円以下の収入という制限を気にせずに働くことができるようになります。しかし廃止された途端にがむしゃらに働いては損をする可能性があります。控除がなくなるまでは長く続けられてキャリアアップができる仕事を探しましょう。そして控除が廃止されたら、年収160万円以上を目指して働くのが理想です。年収130万円を越すと夫の社会保険の不要から外れることになるため、保険料の負担が増えますが、それを超えて世帯収入が増えるのが160万円からです。これ以上を基準に収入を増やしていくことが目標となりそうですね。配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないためにの詳細を見る

注目記事

時間の融通が利く?コンビニのパート時間の融通が利く?コンビニのパート自宅近くにあるコンビニで働ければ通勤も楽で、便利です。次々に発売される新作スイーツなどに目を奪われてつい買いすぎてしまわないように気をつけましょうね。

同世代が多い?ファミレスのパート同世代が多い?ファミレスのパート若い学生さんに混ざって仕事をするのは気後れするという主婦の方や、同世代の主婦仲間、ママ友がほしいという主婦の方におすすめなのがファミレスのパートです。

低収入のパート主婦がお得?低収入のパート主婦がお得?主婦のパート収入は130万円~150万円がもっとも危険(損)なゾーンです。130万円以上稼ぐ場合は160万円以上を目指してください。

主婦のパートの選びは大変主婦のパートの選びは大変時給が高くて、シフトの融通が利いて、勤務地が近くて、やりたい仕事ができて……と、すべての希望を叶えようとすると、いつまでもパートを見つけられなくなってしまいます。

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないためにパートの主婦が損をしないためには、配偶者控除の廃止と同時に160万円以上稼げるような計画を今のうちから練っておくことも大切です。

主婦もパートから正社員というキャリアプランを主婦もパートから正社員というキャリアプランを家事と仕事の両立は自信がないから、働くとしても正社員は無理かなと思っている主婦の方も多いかもしれませんが、せっかく働くのなら長い目でライフプランを考えて働くことをおすすめします。