駅チカ!短時間!わがまま主婦パートナビ

パート面接のポイントはこれ!

Topics 記事一覧

主婦向けパートの面接対策

子育てもひと段落してきたら、主婦の中には働きに出る方も多いと思います。家計の助けにもなりますし、結婚前にバリバリ働いていた方にとっては、家の中で家事だけしているのは窮屈に感じる場合もありますよね。主婦が働きやすい条件のパートを見つけたら、スムーズに採用されるよう、面接対策を紹介します。


パートといえども面接はある

正社員などではなく、パートタイムで仕事に就く場合であっても、必ず面接があります。今までの仕事経験や、職種によって本当にその仕事に向いているかを判断する上で、面接は重要です。いくら学歴や職歴が優れていても、面接での印象が良くなければ、適切ではないと判断されて、パートとして働くことができなくなってしまうので、気をつけましょう。「この人なら仕事を任せられる」「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるよう、誠意を持って面接を受けるようにしましょう。

パートの面接での服装は?

社員の面接であれば、スーツで行くことが当然ですが、パートやアルバイトの面接の場合、必ずしもスーツで行かなくてはならないという訳ではありませんが、ジーンズやジャージなど、あまりラフすぎる服装で面接を受けるのは、好印象とは言えません。スーツを来ていかない場合であっても、ラフすぎず、派手な色使いは避けて、落ち着いた服装にしましょう。職場によって、ある程度の違いはあるかもしれませんが、着ていく服装に迷ってしまうようであれば、スーツか、ジャケットのみカーディガンに変えたものを着ていくのが無難です。

ハキハキとした受け答えを

面接などかしこまった場は、何度経験しても緊張してしまうものですよね。しかし、いくら緊張するからといって、ずっと視線を下に落としたままで、小さな声でボソボソと答えていては、仕事を任せられないと判断して、落とされてしまうかもしれません。相手の目を見て、質問にハキハキと答えるように努力してみましょう。緊張からきちんと答えられなくても、誠意はきちんと伝わるハズです。その前向きな気持ちが、何よりも面接には大事な事になります。分からない事は、無理をして答えず、正直に述べる方が、出まかせを言ってしまうよりも好印象です。

マナーに気をつけて

会社側が主婦のパートを雇うメリットとして、「常識ある行動が出来る事」が挙げられると思います。大人であるという時点で、学生のアルバイトを雇うよりも、ある程度の一般的常識やマナーは理解しているものだと期待されています。挨拶はもちろんのこと、席に着く際のタイミングや、座り方、話し方などに気をつけて、相手に不安を与えないようにしましょう。経験値が少なくても、やる気が感じられて印象が良ければ、面接に受かる可能性は十分にあります。

主婦向けパートの面接対策

注目記事

時間の融通が利く?コンビニのパート時間の融通が利く?コンビニのパート自宅近くにあるコンビニで働ければ通勤も楽で、便利です。次々に発売される新作スイーツなどに目を奪われてつい買いすぎてしまわないように気をつけましょうね。

同世代が多い?ファミレスのパート同世代が多い?ファミレスのパート若い学生さんに混ざって仕事をするのは気後れするという主婦の方や、同世代の主婦仲間、ママ友がほしいという主婦の方におすすめなのがファミレスのパートです。

低収入のパート主婦がお得?低収入のパート主婦がお得?主婦のパート収入は130万円~150万円がもっとも危険(損)なゾーンです。130万円以上稼ぐ場合は160万円以上を目指してください。

主婦のパートの選びは大変主婦のパートの選びは大変時給が高くて、シフトの融通が利いて、勤務地が近くて、やりたい仕事ができて……と、すべての希望を叶えようとすると、いつまでもパートを見つけられなくなってしまいます。

配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないために配偶者控除が廃止?パート主婦が損をしないためにパートの主婦が損をしないためには、配偶者控除の廃止と同時に160万円以上稼げるような計画を今のうちから練っておくことも大切です。

主婦もパートから正社員というキャリアプランを主婦もパートから正社員というキャリアプランを家事と仕事の両立は自信がないから、働くとしても正社員は無理かなと思っている主婦の方も多いかもしれませんが、せっかく働くのなら長い目でライフプランを考えて働くことをおすすめします。